忍者ブログ

最強のマンガの描き方おしえます

オリジナリティーあふれる人気漫画には、共通する「基本の型」があります。その「基本の型」を身につけて、自分のマンガに活かしましょう。 全漫画家志望必見。キャラクター作りからストーリー、演出、表現方法まで、漫画の描き方の教科書ブログ。

マンガで一番大切なのはキャラクター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

マンガで一番大切なのはキャラクター

漫画はキャラクターが一番大事


土田博士
「まり子ちゃん、漫画で最も大事なことは何かわかるかな」

まり子ちゃん
「やっぱりストーリーじゃないんですか?」

土田博士
「もちろんストーリーも大事なんだけど、一番大切なことは、キャラクター、特に主人公なんだ」



まり子ちゃん
「ストーリーよりも、キャラクターが大事なんですか?」

土田博士
「そうだよ。『スラムダンク』井上雄彦先生も、『キャラクターさえちゃんと描けていれば、何をしようが、何もしまいが、ドラマになる』って言ってるんだ。逆に言えば、どんなにいいストーリーが思いついても、キャラクターが面白くなければダメだってことだね。

まり子ちゃん
「確かに、『日常系』なんて、本当に何も起きていないのに、キャラクターが日常生活送ってるだけでも楽しいですね」

土田博士
「その通りだよ、まり子ちゃん。アニメグッズも、ストーリーで売ってるんじゃなくて、キャラクターで売っているだろう? 読者が好きになるのは、ストーリーじゃなくて、キャラクターなんだ。キャラクターさえ面白ければ、どんなストーリーでも後からついてくる。

『ドラえもん』を考えてごらん。キャラクターさえしっかりできてしまえば、宇宙に行っても、恐竜の時代に行っても、深海に行っても面白いんだ。本当に人気漫画家になりたかったら、『漫画で一番大事なのはキャラクター』ということを、絶対に忘れてはいけないんだ」

まり子ちゃん
「なんとなくわかってきた気がします、博士」

土田博士
「だから、これだけは絶対に覚えておいてね。

マンガは、キャラクターの魅力を描くもの。

ストーリーは、キャラクターの魅力を見せるもの。

マンガを描く際には、『このキャラクターはこんな魅力があるキャラなんですよ』というのをしっかりと決めて、その魅力を見せるためには、どんなストーリーがいいのかを考えるという順番を、間違えちゃいけないんだ。

例えば、『決してあきらめないのが魅力なキャラクター』を主人公にするなら、次々と逆境が襲ってきて、皆が諦めてしまう中、主人公は絶対にあきらめない、というストーリーにすればいいし、『優しい』ことが魅力なキャラなら、他の人が手を差し伸べないような人にも手を差し伸べるストーリーにすればいいんだ」

まり子ちゃん
「ストーリーを先に決めてから、キャラクターを作ってはいけないんですか?」

土田博士
「もちろん、『甲子園を目指す野球漫画』とか『女の子がいっぱい登場するドタバタラブコメ』とか『7つの球を探す冒険』とか、流石にその程度のことは決めないと、キャラクターを作ることはできないだろうね。でも、細かいストーリー展開は、『キャラクターの魅力を出す』ということを意識して、キャラクター中心で作られるべきなんだ。そうじゃないと、新人賞にも通らないよ」

まり子ちゃん
「そういえば、新人賞の講評でも、キャラクターについての記述が多い気がします。じゃあ、キャラクターは、どうやって作ったらいいんですか?」

土田博士
「次回はキャラクターの作り方の基礎を見ていくことにしようね」

PR

コメント

このサイトは


漫画の達人、土田博士が

漫画家志望のまり子ちゃんに、漫画の描き方のすべてを伝授するサイトである…。

古今東西の人気漫画には、必ず共通点があります。このサイトは、その共通する基本を押さえて、新人賞、掲載、連載を勝ち取る漫画を描くヒントになることを目指します。

土田博士の連絡先:tsuchidahakase@yahoo.co.jp

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ
にほんブログ村

漫画家志望 ブログランキングへ

お勧め漫画ソフト

↓土田博士が勧める、世界で最も売れている漫画ソフト。ネームからペン入れ、トーンまで、全てこのソフト1つで可能。トーン代を考えたら、アナログよりも遥かに安く漫画が描けます。

スポンサードリンク



カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31